沖田総司

沖田総司(1842年~1868年)

9歳から剣術・天然理心流を学び、その凄まじい剣の腕で、新選組の一番隊組長を務めた人物です。目にも留まらぬ早業にて、3回連続で敵を突くという「三段突き」を得意技としていました。素晴らしい剣の才能を持つことから、「天才剣士」と呼ばれていました。最後は、持病であった結核の病状が悪化し、27歳で命を落とします。