土方歳三

土方歳三(1835年~1869年)

裕福な農家に生まれつつ、侍になることに憧れながら剣術・天然理心流を学び、新選組の副長となった人物です。近藤勇と共に、武士となるため浪士組(将軍を守るという名目で武士を集めた組織)のメンバーとして立候補し、その後新選組として活躍しました。新選組では「鬼の副長」と呼ばれ、厳しいルールを作り、規律の乱れを取り締まったそうです。 35歳の時、北海道函館の戦いで銃弾を受け、その生涯を閉じました。