日野市観光協会日野市観光協会

(C))IF/DF

最後のサムライのふるさと
「日野市」

日野市は1100年の歴史をもつ「高幡不動尊金剛寺」や、日本有数の動物園「多摩動物公園」などがある街だ。また、日本最後のサムライ集団「新選組」のふるさととして有名で、数多くの資料が残されている。

新宿から日野市へのアクセスは、中央線で日野駅まで約30分、京王線で高幡不動駅まで約32分だ。

最後のサムライ「新選組」

日本が鎖国し、サムライによる支配体制を敷いた江戸時代の終り(19世紀中旬)。西洋から他国が訪れるようになり、幕府の力が弱体化、治安が悪化し始めた。京都では反幕府の倒幕派が活動し、混迷を極めていた。 その治安維持をするための警護団として活動していたのが「新選組」だ。

新選組は、サムライとして幕府を信じ、誠の心(忠義)を貫き最後まで戦った若者達の集団。

新選組副長の土方歳三、井上源三郎が生まれ、近藤勇、沖田総司ら新選組の主要人物達が若い時に過ごした地域が東京都日野市なのだ。

世界的に人気が高いアニメ
「薄桜鬼」

(C))IF/DF

「薄桜鬼」は、新選組のキャラクターが登場するアイディアファクトリー株式会社の女性向けゲームブランドオトメイトの女性向け恋愛アドベンチャーゲームだ。現在は、アニメでも展開されており、日本国内だけではなく日本国外でも高い人気を誇る。

また、新選組ゆかりの地である日野市とコラボレーションしており、このWebサイトや日野市が制作した観光パンフレットにも主要キャラクターが登場している。